2018年08月30日

嫌がらせか?畑に除草剤⁈

長いあいだ雨が降らず、カラカラのか天気でしたが、今日は久しぶりに雨が降りました。夕方にはやみましたので3週間ぶりに畑にでました。

サツマイモの蔓を起こしておかなければ蔓ボケするからです。

落花生の様子も気になりました。

ところが、畑に来たとたん妙な感がしたのです。

あちこちが茶色く枯れています。

しなったように立ち枯れているものも。

BB390E14-6D3C-4BB3-BA89-9331A3CC0103.jpeg

除草剤?

70437CFD-DD8C-4660-8ABA-B53DB3FCD820.jpeg


幸いサツマイモや落花生は無事です。

確かに草がはびこっていましたが、8月初めに草刈りしました。


昨年も草がはびこって蚊が家に入るといってクレームがありました。


しかしそこは私の畑ではありませんでしたが、ちゃんと草刈りして差し上げました。(嫌味)

誰の仕業かわかりません。

土をなんとかしないと秋植えジャガイモや大根の作付けができません。

ほんとうに腹立たしいかぎり。

怒りのもって行き場がありません…

posted by おはなはん at 20:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

サツマイモ、落花生成長中

7月初めの豪雨からずっと晴れ続き、蒸し暑く殺人的な熱さにも負けず畑の作物は成長しています。

暑さにかまけて草取りもサボり気味ですが、きままにやっています。

サツマイモは蔓があちこち伸びてきたので「蔓返し」をしなくてはいけません。

蔓がそのまま地面に根付くとそこから細い芋が出来てしまい、収量が落ちるのです。

昨年は苗を縦に植えてしまったのでデブ芋続出でしたが、今年は寝かせて植えたので(たぶん(笑))少しはスマートな芋になるはず。

しかし安納芋は元々丸っこいのでそれは仕方ないこと。

69634BE1-A6B3-45FA-AB1C-D0AAD957CBC7.jpeg

サツマイモ畑の一部です。
今年はなんとしてもデブ芋を避けたい。たくさん作って子どもやご近所にあげたいな。

干し芋も作るぞー。

落花生は花がさき、ツル(子房柄)が土の中に伸びています。

2CF084EF-B38E-4C9E-A125-36671FF1B732.jpeg


これから土の中で豆になるんでしょう。

落花生の収穫したてを茹でて食べると美味しいそうです。

どちらも楽しみは秋、待ち遠しいです。

涼しくなったら秋植えのジャガイモ種イモ植え付け、大根の種蒔きをします。

秋植えはメークインより「出島」という品種が良さそう。

例のウザい女(もと同じ職場)の噂も入ってきますが、いまの職場でのびのびやらせてもらってます。

実績あげてもとの職場に戻りたい。(今のところは働きづらい…)

健康診断で血糖値高めといわれましたが、まだまだ頑張ります。

購入した古い家も直さなきゃ。

そんな思いのお盆でした。


977C40DD-0504-4BA9-B3BD-55810FAF6F98.jpeg
posted by おはなはん at 15:02| Comment(0) | 家庭菜園 | 更新情報をチェックする

平成最後の「全国戦没者追悼式」に参列

今年、認知症の母に代わって遺族会の役を受けたところ、全国戦没者追悼式に参列してみないか、と遺族会会長から話があり、行ける時に行っておこうと申し込みをしました。

私は遺児ではなく遺児の子なので優先順位は下ですが、遺族(戦没者の妻や家族)の高齢化や死亡で数が少なくなってるようで、7月には決定のお知らせがありました。

もちろんいくらかは自己負担金もあります。

国からは各都道府県に55名分の費用がでます。それ以上は県が負担したり個人が負担したりします。

前日に上京して靖國神社昇殿参拝と東京タワーの見学をしました。

靖國神社については以前の投稿のとおりです。

追悼式に参列するには案内状が必要です。警察官がバスに乗り込んでチェックします。

57706759-F42A-41F9-898F-6DFB91AF4167.jpeg

内閣総理大臣 安倍晋三 とあります。

印刷でもドキドキした私は小心者かしら。

式の進行と注意事項は

image.jpg

image.jpg

ペットボトル飲料の持ち込みはだめで、武道館内の自販機も使用禁止となります。

追悼式の前に千鳥ヶ淵にいき、参拝しました。

当日は日蓮宗の僧侶の方々が暑い中、読経をあげてくださいました。

丸いうちわのような太鼓をトントコトントコ叩かれ、リズムよいお経が聞こえました。

本当にありがたいことです。

施設では国旗が半旗になっていました。追悼の意味でしょう。

495B8D6F-B184-4C84-A973-1160C6455576.jpeg


武道館につくと早い時間に弁当をいただきます。

弁当といっても毎年「かんぴょう巻きの寿司」です。

これもちゃんと厚生労働省が入札をだして業者を決めています。

高齢者でも食べやすい、夏に傷みにくい「かんぴょう」だけの細い巻き寿司です。

11時15分までには弁当を食べ終わりトイレも済ませ、席で待機です。


この間、あちこちで県会議員が自分の選挙区の御遺族に挨拶回りをしていました。

他では式の音楽リハーサルや、献花補助の子供たちが練習をしていました。

(遺族高齢化と追悼式を次世代に引き継ぐため今年から献花補助に子どもが選ばれました。)

館内はエアコンが効いているはずですが、暑い。

式の順番は式次第の写真のとおりです。

全国戦没者追悼式で本物の内閣総理大臣や天皇皇后両陛下のお姿を拝見して心臓はドキドキでした。

もう一生ないことでしょう。

追悼式は厳かに行われました。

献花は原爆被災の御遺族や民間人の戦争被災者もされます。
追悼式は戦争で亡くなった全ての方々を追悼するのです。

天皇皇后両陛下がご退席になるとき、誰かが「天皇陛下ばんざーい」と声をあげて、パラパラと拍手がおきました。

感極まったのでしょう。しかし大声をださない、拍手はしないという注意がありましたからすべきではなかったですね。

ステージ中央の「全国戦没者乃霊」という木に書かれた文字は毎年有名な書家が直筆で書かれます。

A604E25A-91CC-4A69-BBE6-D89C7620E6EB.jpeg

ことしは「アライさん」の書だそうです。(アナウンスの聞き間違いお許しを)

追悼式が終わり、都道府県ごとに順番で帰るのですが、それまでに多くの方がステージバックの菊をもらっていかれました。

E391624E-D245-407A-9C76-A7C11D31A3CE.jpeg


全ての日程を終えて武道館を後にしましたが、道路のいたるところに警察官や機動隊が立っていました。

右翼の街宣車も多く見かけました。

靖國神社では以前、韓国人が放火した事件がありました。

怪しい危ない人はどこにでもいます。

警備、お疲れ様でした。

また機会があれば是非とも全国戦没者追悼式に参列させていただきたく思います。

来年は新しい元号で次の天皇皇后両陛下となられる浩宮皇太子殿下、雅子妃殿下がご臨席になられるでしょう。

こうして時代は変わりつつも戦没者を追悼し、平和を誓う全国戦没者追悼式は引き継がれていきます。


posted by おはなはん at 01:42| Comment(0) | 遺族会 | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

靖國神社参拝は悪いことか?



今日は今年2度目の靖國神社昇殿団体参拝をしました。

いつもは個人で参拝するのですが、今日は遺族会の皆さんと一緒です。

蒸し暑い中でも正式参拝と私はとらえ、スーツを着ました。

靖國神社には太平洋戦争で亡くなったかたがただけのものではありません。

幕末期の戦や日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦で亡くなられた兵士や軍馬、鳩なども祀られています。

日本人だけじゃありません。朝鮮の皇族、日本の皇族の二柱も祀られています。

朝鮮の皇族が祀られてるのを朝鮮の方はご存知ないかもしれませんね。



戦犯が合祀されてるから靖國神社は許せないという人もいますが、そもそも戦犯という言葉はなく、あとから日本を戦争に負けた(戦争を引き起こした)ことを強め、日本は罪を犯した国だと印象操作をしたアメリカやソ連の企みからくるものです。


民間人を殺したら、戦争にまきこんだら戦犯だとしたら、原爆や空襲によって無差別に人々を大量殺戮したアメリカ合衆国のほうが「戦犯」です。

今でも原爆は戦争を早期に終わらせるためだったと考えるアメリカ人がいます。




(本当はアメリカは開発した原爆を戦争が終わる前に実験する必要があり、投下されたのです。)


靖國神社の敷地に遊就館があります。

戦争の資料や展示がたくさんあります。


今の自衛隊は派遣先の国で亡くなっても靖國神社には祀られません。なぜなら戦って亡くなったわけではないからです。

派遣先で命を脅かすことがあっても丸腰状態の自衛隊は自分を守ることができません。

靖國神社でいつも祈るのは、御霊に感謝と平和の誓い。

今の日本の繁栄は貴い英霊たちの働きがあってということを忘れるべきではありません。

98ECD9A4-94D0-45ED-9A6A-CD4498CF4674.jpeg






posted by おはなはん at 23:54| Comment(0) | 靖國神社 | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

名も知らぬ花 名前が判明!

以前から名前がわからなかった庭の花の名前が判明しました。

調べても聞いても名前がわからず、ただ「白い花」としか言えなかったのですが、もう博物館の出番だわと、写真を送って尋ねました。

名前は「ヤエクチナナシ」だそうです。

クチナシを品種改良したものでいくつか品種があるようです。

ただあの甘い香りはありません。

普通ならクチナシは香りがあるのですが…

香りがない品種かしらね。

このヤエクチナナシは高知県で買い求めたのですが、暖かい高知県では自生しているそうです。

私の住む地域は雪が降るせいか自生は見られません。

(たまに苗木を地植えして、それが根付くというのはあります。)

もう一つ、クチナシの害虫であるオオスカシバの幼虫も姿も見ることはありません。

http://www.insects.jp/kon-gaoosukasiba.htm


これで品種名までわかれば本当の名前がわかるんだけど。


B6C1E78F-4ACD-4D5C-8FB4-DF57EDCCDDA2.jpeg


B27604DA-E8A1-4614-8095-B3FD85BAD0EB.jpeg
posted by おはなはん at 23:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする