2018年10月30日

安納芋収穫 最後の一畝

さつまいも大好きな次男のために春から育てたサツマイモ、いよいよ最後の一畝の収穫となりました。

次男が「僕もほりたい。」と言ってたので残していたのです。

日曜日、模試の勉強から帰ったのが四時。日が暮れるのが早いので、急いで畑へ向かいました。

CBF5FABC-5589-45E3-B629-0D235A543F52.jpeg

ここは安納芋を6株ほど植えたところです。

先週収穫した別の場所の安納芋はとにかくデブかった!普通、安納芋は小ぶりで収量が少ないと言われるのですが、私も安納芋を多く植えたのははじめてなのでよくわかりません。

ほら、みえてきました。

0A8A6F7F-2E63-44A8-BED8-3DEC1DEE525D.jpeg

次男がヒーヒーいいながら掘ってくれましたが、やはり慣れてないので私も手伝いました。

この場所の安納芋はほどほどの大きさ、どちらかといえばスリムです。

同じ畑でも場所によって違うんですねぇ。

F07BA4FC-0AAA-4CF8-81D1-0878F09C5E90.jpeg

A582F11D-8C58-4C1A-8DEE-E1EB2307F77D.jpeg

勤務先では玄関横の畳一畳ほどの荒地を勝手に畑にし、シルクスイートという品種のさつまいもを育て、収穫しました。

5FAE7DD7-F3C7-46F3-9888-161B09323EFD.jpeg

初めての品種ですが、食感が滑らかだそうです。

勤務先の方々に食べてもらいます。

さつまいもはもうおしまい。来年植える場所を確保しなきゃいけませんね。

posted by おはなはん at 00:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

樹木伐採〜ご近所の方のやっかみ

購入した古い家屋付きの土地の樹木伐採が今日明日の日程で行われます。

住人がいなくなって久しく、庭は樹木が伸び放題でした。

一部は隣の家の壁に向かっています。

DA27684C-93B2-4829-AA4D-6F5DF686281D.jpeg

古い家屋にもすぐ壁際に庭木が茂っており湿気からシロアリがやってきて、一部の床や柱がボロボロになっています。

BE519EE8-9761-4445-A8B7-52728017B26A.jpeg

樹木伐採は急務でした。

もともと実家と道路を結ぶために買った土地なので、駐車場スペースを作る予定でした。

今日残業して帰ったら自治会長から連絡がありました。

どうやらフェンスの基礎ブロックを崩した際、片付けをしないで帰ったようで破片が歩道に散らばりクレームがあったそうです。

すぐに業者に連絡したら、明日の作業で片付けるとのこと。

誰が「通報」したのかわからないけど、近所のヒマな年寄りでしょう。

実家のある自治会は古い町なので日がな一日ヒマにしている年寄りや自営業が多い。

よその家の事が気になって仕方ないし、自分のところより芝生が青いとやっかむ人さえいます。

ケチつけたくてしょうがないのですね。

なんで直接業者や私に言ってこないんでしょうか。

寂しい方々、哀れな方々です。
posted by おはなはん at 20:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

秋にメークインは育つのか?

先日大根の発芽の様子をみたときに、大根に混じって育っているジャガイモを見つけました。

その場所は春にメークインを植えたところです。

収穫し忘れがあったんですね。

結構育っているので期待してもいいかな。

F728CAA1-3542-4801-95B2-B1D83D2ABF14.jpeg

メークインは春植えの品種なのでこれから寒くなる時期に育つのかやってみないとわかりません。

https://shop.takii.co.jp/shop/selection/potato1307.html

春植えの品種が秋植えにないのは休眠期の関係のようです。

さあ、どうなるかな。このまま秋ジャガイモと同様に育ててみましょう。

残り物には福がある…ありますように。
posted by おはなはん at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

玉ねぎ苗植え付け〜除草剤に負けるなよ

玉ねぎ苗を植える予定だったのに除草剤を散布された畑。でも雑草が生えてきたし大根も三度目の正直で発芽(3度目の播種)したからもう大丈夫かな。

薬剤残っていても僅かだろう。

よし、玉ねぎ苗植え付けしよう!

購入したのはいつもの早生品種。できれば四月末には収穫したい。その後は夏野菜を植えたいなぁ。

蚊に刺されながら床状に畝を作り、マルチを張りました。

そして毎年植え付けの際忘れていた肥料(長期間効くもの)を今年は忘れずに混ぜ込みました。

今までは肥料を忘れてマルチをしてしまったのです。

玉ねぎ苗は50本。さてこのうち何本生き残るでしょうか。

除草剤の効き目が残っていても負けるなよ。


664AE9D0-1526-475E-98B0-EA8E0B5AA0AF.jpeg

72EB75D2-2866-49D9-A701-C59AC7AC2621.jpeg

私は負け犬。遠吠えばかりしている負け犬。

だからこそ見えているものもある。

「置かれた場所で咲きなさい」

私の好きな渡辺和子氏の言葉です。


https://m.huffingtonpost.jp/2016/12/31/watanabe-kazuko_n_13906462.html

長男が産まれてしばらくのとき、言葉をかけてくださり祝福してくださいました。

今はこんな状況だけどそれでも生きていく。この町で生きていく。
posted by おはなはん at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

落花生を収穫〜気持ちの消化不良が治らない

例のウザい女が正社員採用試験に合格したと聞いて以来、私の心は穏やかではありません。

今年の採用試験は企業側の都合で一次試験しかありませんでした。だからいつも2時試験で落ちるウザい女でも合格したのでしょう。
何より人手不足、ウエルカムなんでしょうねぇ。

そんな気持ちを笑うかのような晴天、私は畑へいきました。

落花生の収穫が気になっていました。

落花生の品種がわからなかったのですが、調べたら「千葉半立」のようでした。

収穫時期は播種から150日から170日とあります。

葉がまだ青々としていて枯葉はまだ少し。だいぶん迷いましたが、播種の時期を考え掘ってみました。

5164BA7B-3537-4B4C-A893-357D030CC4E4.jpeg

あまりできてない気が…

で、私の悪い癖がでてしまい結局ほとんどを掘り起こしました。

収穫時期だけはきていたので。

F7B936EF-CF40-47FF-A3F4-E8D52FF7DA08.jpeg


カマキリの産みたて卵(^^)

いつもなら大半を友達にあげていました。収穫したての落花生を茹でて食べるとほっこり美味しい、と喜んでくれるから。

しかし友達は自衛隊を愚弄する記事をFacebookでシェアしていました。

長男は自衛隊として国を守っています。愚弄されるようなことは何もしていません。


以来、友達と距離を置いているので落花生はとりあえず乾燥しておきます。

B20C4F82-6D52-4195-BCFC-5F605FC30336.jpeg

posted by おはなはん at 07:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

さつまいもの収穫時期はいつなのか〜紅はるか、安納芋

先日さつまいも「紅はるか」の収穫を半分したことを職場の方に話したら「収穫がはやいんじゃないか。」との返事がありました。

収量としては問題なかったと思います。苗の定植は5月中旬だったので今10月中旬過ぎと考えるともういいかと。

苗の定植時期によって収量と芋の大きさが変わるようです。



http://www.pref.oita.jp/uploaded/life/282765_334600_misc.pdf

上記のサイトを参考にしました。苗の植え方については農業高校の先生に教わり、デブ芋だらけにしないように今回は気をつけました。

昨日安納芋と紅はるか(先週収穫したもの)を蒸して食べてみました。

6613EF8C-D230-4589-8CD1-7B750BA422C2.jpeg

あまり甘みがありません。

やはり追熟ができていません。

1ヶ月ほど食べるのはガマン…


安納芋も日照や降雨で収量が変わる難しい品種です。

私の畑では今回試し掘りで大振りの芋が収穫できましたが身が割れているのもありました。

590D6022-1EE0-4876-910C-C3B95267453E.jpeg

写真じゃ分かりづらいですが、はちきれたような感じです。

肥大しすぎらしいです。

そういえば安納芋は小ぶりの芋、太らせ過ぎました。

息子が芋掘りを楽しみにしています。

大学受験そっちのけ。

おいおい^_^



posted by おはなはん at 11:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

私の人生は挫折と妥協だらけ

今更に思うのは私の人生は挫折と妥協だらけだった。

子供の頃はいつもクラスでリーダー格の子の言いなりになっていた。

興味ないこともあるとみせかけ、人に合わせていた。

調理実習はだいたい片付け、食器洗い専門。

「私が、私が」といってなんでもやりたがる友達の後ろにいつもいた。

特に近所の幼なじみが今で言う「発達障害」の子で、とにかくその子に合わせるのが本当にしんどかった。

自閉症もあったからね。


中学のとき、私の才能に光るものがあったのでしょう、音楽の教師が「ぜひ音楽大学へ」とすすめてくれた。

母は私のために電子ピアノを買ってくれ、なんとか行かせるからと言ってくれた。

しかし給料の大半を自分の小遣いにしていた父は猛反対した。

自分の方から音楽大学の夢を諦めた。

高校では発達障害の友達と離れてやっと自分らしく生きられた。

音楽大学を諦めた分、吹奏楽や英語など好きな教科の勉強や音楽の勉強にどっぷり。

しかし個人懇談の場で再度父親から進学を猛反対され、一夜泣き明かした。

見かねて祖母が遺族年金から学費をだすから進学しなさい、と後押しをしてくれた。

母も公務員共済からお金を借りてくれた。

そのことは今でも感謝している。

だから大学では代返やサボりをせず、一番前の席で講義を聞いていた。

授業料がもったいないし。

卒業後は希望の職業の採用試験に落ちたあと、就職浪人で迷惑かけるよりはと適当な非正規雇用の仕事を転々とした。

就職氷河期で非正規でもあるだけマシだった。

結婚は見合い結婚だった。それまでに結婚したい人がいたが、親や親戚の猛反対にあい諦めた。まあ、相手はまともに仕事をつかないフリーターで口ばかり大きな人間だったから結婚しないで正解か。
その人の借金も払っていたからヤバかったんだろう。


幸い子どもには恵まれた。一生懸命子育てをした。

ところが夫が遊興費でサラ金から借金、さらに夫が義兄の借金の保証人を引き受けたものの、義兄が払わず私たちが払うことになった。

当時の夫の職場の社長の口利きで低利で銀行から借り、それらを払った。

家を新築し、親と別居。
住宅ローンやそれらのローン返済のためにフルタイムで必死に働き、家事もちゃんと両立してみせた。

しかし本当にローン返済は厳しく、子どもが成人する頃には滞りがちに。

これじゃいかん、と家を売りに出し私と子どもは実家に住んだが売却を拒む夫は家に残った。

夫は自分が住宅ローンを払うといい別居し家計を分けたが、やはり焦げ付かせて競売一歩手前まできたとき、家の買い手が現れしかも住宅ローンを完済できるほどの高い値段で売れた。

残債がなく再スタートできたのが良かったが、予想以上な実家はぼろぼろ。

老いた両親の世話や自治会の世話もこなし地域に根付く気でいたときに妹の「自分が実家に住むつもりだった」発言。

挙句たくさんの親の不用品や粗大ゴミ、ゴミ屋敷を私に押し付けて母を連れて新築の家に引っ越した妹。

空の金庫が残された。

今の仕事ではウザい女に幸運が舞い込み、私は左遷された。

何も悪いことはしていないのに。はめられたか?

思うようにならないことばかり。今でも私たちが住んでいた家を思い出しては涙する。

誰にもこんな気持ちは話せない。

道路と実家を結ぶために広い土地(古い家屋付き)を買った。

もう引き返さない。

この町で生きていく。それでも生きていく。

posted by おはなはん at 20:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする