2018年11月27日

植木鉢から庭へ〜この日を待っていた

いつか実家をでて、あらたに住まいを見つけたなら植えようと思って購入した苗木や植木。

住まいとはいかなかったけど、私はこの町で生きていく。

改修が無駄そうな古い家屋、樹木伐採したばかりでぬかるむ庭。

以前は松やら杉やらシュロやら何やら…ジャングルのようになっていた。

樹木伐採は植物を想うと胸が痛んだけど、背に腹はかえられなかった。

近所の理髪店の奥さんが「桜は葉が落ちるから要らない。」といって顔をしかめたが、何これはいつものやっかみ。

ケチをつけなければすまない人だ。実家に入ったことはないくせに家の中のことを詮索する。

先日も庭に勝手に入り込んで古い家屋のあちこちを詮索していた。

また放送局如く喋るのだろう。

お生憎様、私は桜を植えますよ。そのために植木鉢で育てたのだし。

花桃とまっすぐ広がらず伸びる「天の川」は道路側に植えた。

近所から「かわいい花だね。」と褒められた「枝垂れ源平桃」は今年は花芽があまりない。

鉢上げしたらなんと根が育っていなかった。

2BA02A14-9BDB-4DFB-86D1-BACACAF3E2DB.jpeg

河津桜はその隣に植えた。

庭の向かい側の家には桜の木が植えてあり、癒された。

いつか河津桜と競合できたらいいね。

7B3979D3-A434-4492-8C28-9B3F38795042.jpeg

道路側にはエニシダやクチナシも植えた。

エニシダは以前住んでいた家で育てたもの。自宅を売却すると樹木伐採されると知り、挿し木にして持ち帰ったものだ。

69F5A48B-F68D-4011-B22A-5E6B4443C5D0.jpeg

09B88E8D-E10B-416B-A27B-74409F95B469.jpeg

他にも小手鞠や椿、オモトを植えた。

オモトは万年青と書き、日本古来からある在来種。小さい苗木でもショップではいい値段。

近所の理髪店の奥さんにめげずにやっていきたい。
posted by おはなはん at 00:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

新米をいただく〜コイン精米機ってこんなんだよ

親戚から新米をいただきました。

玄米で30キロ2袋、とても助かります。しかし玄米…うーむ、家の炊飯器で玄米を炊くことはできるが、次男も夫もそこまで健康志向じゃない。

EB8414B1-DC36-4AB0-AD8E-EF41E3FDC338.jpeg

精米しないとだめじゃん、というわけで自分で持ちはこべる10キロばかし玄米を積んでいざコイン精米機へ。

ところが以前は1km以内には見かけたコイン精米機があちこち無くなっている。

儲からないのでしょうか。まあ、コイン精米機使うのは大体農家だからなぁ。

自家消費分はコンバインを使わず稲刈り機で刈り、天日干し。籾のまま保管してコイン精米機で必要なときに白米にする。

これが理想。

さて車を走らせ五分、昔住んでいた家の近くのコイン精米機に来ました。昔は農家から玄米を買い付け、精米して食べていたのです。

0BEC4ED7-811B-4835-A147-89BE616ED232.jpeg

この網の中へ玄米を入れます。

E86A8FD8-B65B-47E1-906E-CEC031CF8956.jpeg

お金をいれて玄米→白米ボタン

0FCB829A-610F-474B-9323-14C303745187.jpeg

精米がスタートします。
できた精米が出口からでてきて、受け口に溜まります。

A27D1D94-4211-4ED6-9815-9D5C17AE7351.jpeg

米袋を受け口の底穴に当てて、底穴の栓を開けるペダルを踏むと紙袋に白米がドシャー。
54AAE7BD-3894-40EC-AF72-27D1A82B3F9E.jpeg

10キロで100円でした。

知る人ぞ知るコイン精米機、実は裏で儲ける人もいます。

コイン精米機の裏口からお金をあつめたり屑米が集まるところがあります。

このお金をぬきとる農協職員がいましたが、それではなく、屑米を再精米して売ったり屑米そのものをニワトリの餌として売ったりする職員がいたのです。

結構小遣いにはなったそうで…

田舎はそんなこともすぐ広まります。

コイン精米機、表も裏もあります。
posted by おはなはん at 16:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

除草剤に負けなかった大根、マトモに育ってた!

畑に除草剤を散布され、播種しても発芽せず結局3度も播種した畑ですが、その中で負けずに育っているものがありました。

きっと除草剤にムラがあったのでしょう。

それにしても除草剤のことは今でも腹が立ちます。善意で勝手に除草剤を散布していいものではありません。

最初に播種した大根は「耐病総太り」です。次に「おでん大根」三度目が「耐病総太り」です。

畝は品種も生育過程の違うものも入り混じってる います。

3度目の播種のものは生育が完全に冬に入ってしまうので収穫できるかわかりません。

しかし最初のものはそろそろ収穫となります。

てなわけで、一番大きいものを収穫しました。

9847B059-8277-4951-8232-1F0446FD6E3D.jpeg

ひぇー!

初めてのマトモな総太り大根。これならスーパーの野菜売り場で売れる(笑)

嬉しくて夫に見せました。

夫もその大きさに「あの畑は黒土か?こんなに大きいものが育つのか」とびっくりしていました。

いやいや今年はマジメに土壌改良材や肥料まいたよ。

毎年総太り大根を作っていますが、いつも私の腕くらいのスマート大根です。

まあ家族が少ないので使い勝手はいいです。

でも一度くらいマトモな総太り大根作りたかった。

さあ、ほかの大根はどう育つかな。

まずは何本育つかなあ、というところ。

大根葉は炒めてよし、汁の実よし、茹でて鰹節と醤油であえてごはんのお供によし、漬物よし、となんでもありです。

無駄になりません。

財産争いで姉妹でもめて鬱病になった畑の所有者にサツマイモと大根をお裾分けしました。
posted by おはなはん at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

紅はるかと安納芋の干し芋作ります

ひと雨ごとに気温が下がり思わずコタツをだしました。

そうなると低温に弱いサツマイモは傷んでしまいます。

今年は苗の定植のやり方を考え、なるべくデブ芋にならないように植えたのですが、
やはりそこそこ大振りの芋がありました。

安納芋はだいたい小ぶりで収量も少ない品種らしいのですが、今年あまり手をかけてなかった(今まで何も植えてなかった部分)場所に植えた安納芋は、
らしくない大きさでした。

普段が2人暮らしなのでデブ芋は使いづらいので干し芋を作ることにしました。

昨年は輪切りにしてから蒸したのですが、今年はこのサイトを参考にしました。


https://ymmfarm.com/7755

京都のやまむファームさんのブログです。

今年はサツマイモを切らずに蒸し器と炊飯器でそのまま蒸してみました。

1802467E-9F73-481A-8210-099DE50EDAF7.jpeg

A63F5E4D-5D94-4195-8C8A-9FE5629F15B2.jpeg

炊飯器はカップ2杯の水をいれて玄米モードで蒸します。

時間を見計らって芋を引き上げ、皮をむいてスライスします。

炊飯器で蒸すほうは蒸す(焚く)時間が終わってからにしてくださいね。

DE67A22C-BF88-4429-99C4-FA191211DC5E.jpeg
BE547289-C817-4BB2-8244-627552E3B9A7.jpegC174252B-D565-438B-BCE3-DD7D4042A757.jpeg

ちなみに、この平べったいザルは梅干し用です。

魚を干す網は匂いがつきそうでやめました。

雨が続くとカビけるらしいので、風通しのよい場所に置く必要があります。

私は洗濯干し場におきました。

さて無事に干し芋になるでしょうか。
posted by おはなはん at 23:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

ささやかな秋を楽しむ

実家の小さな庭でいくつかの花が咲き出しました。

50CDF0B7-3A7F-4D44-93E9-3009899BD0FC.jpeg

四季咲きのミニバラ。品種はわかりません。わたしが母の日に贈ったものです。その母は新築の妹の家にいってしまい、ミニバラも含めてたくさんのシンビジウムや君子蘭がほったらかしでした。

例のゴミや不用品処分なんかは何をか言わんや٩( 'ω' )و

FF166F32-2A5B-4DCE-9FC7-D14926DF3717.jpeg

菊が他の品種とあわせて咲いています、秋の彼岸に間に合えば良かったのに。

B753D2E8-11E9-4CFE-99F1-D2FB5214CFD2.jpeg

837C99D2-A612-4E18-82CF-14417D73F86F.jpeg


ホトトギスもかわいい花を咲かせています。

A0D8D6C7-FDCB-4131-BEA3-8220FD206A62.jpeg

ほかにもヤマブキが咲いています。

どんなに心が病んでいても、どんなに心が荒れていても花に癒されてきました。

花を愛でる、このことは自分の宝として持ち続けようと思います。

posted by おはなはん at 06:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

付き合いきれない国 よく我慢していますね

先ごろの『韓国徴用工判決』には本当に呆れた。

高給で自ら望んで働いたというのに「強制労働させられた」と言って今になって難癖つけている。

慰安婦にしろ、あれも高給で望んだ職業。

今になって金よこせとは厚かましい。

これらは1965年の日韓請求権協定で解決済みなのに、駄々をこねてふんだくろうとしている。

引用元 → https://ja.m.wikipedia.org/wiki/徴用工訴訟問題

徴用工が賠償を申し入れるも新日鉄は拒否しています。

もし徴用工の駄々を受け入れたなら他の企業にも影響が及ぶでしょう。

日本政府には毅然とした態度をとり、ぜひ経済制裁を願いたい。

韓国の学生を採用すると未来に「強制労働させられた。」と言って言いがかりをつけてくるでしょう。

家族を日本に呼び寄せるでしょう。

韓国の発展は戦後日本が巨額の賠償金を支払ったから今があるのです。

日本が統治していたときにインフラが整備されました。

それまでの韓国の文明文化はググるとわかります。

「試し腹」という近親相姦さえあり、日本統治下で禁止されています。

韓国は島根県の竹島も実効支配しています。

日本が優しいから、毅然とした態度をとらないからいつまでも好き勝手にしています。

ここはいち早く憲法を改正し、自衛隊を明記して日本の領空領海領土を守ってもらいたい。

二度と韓国の人間を上陸させてはなりません。

私は韓国の方と交流をしたことがあり、キムチ作りや文化を教わりました。

人が嫌いではなく、行為が許せないのです。

付き合いきれない国、このまま日本政府は舐められるのでしょうか。

歴史を捏造し、なんでも自国が生んだと称する「ウリナリ伝説」

物笑いの種にされてるのを知らないのでしょうか。


posted by おはなはん at 00:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

除草剤に負けなかった大根とジャガイモの様子

久々に畑に行きました。

ジャガイモの土寄せをしないままだったからです。

除草剤をまかれながらも1回目の播種で芽吹いたもの、2回目で芽吹いたもの、3回目で芽吹いたものとあります。

52DD89B2-EEFB-4DA0-90AE-BAC3F5D0D469.jpeg

3回も播種したのでもう生育はバラバラです。

でもいくつかはちゃんと大根として生育していました。

92FAD181-C386-4483-A2D9-7BE68BD46F7D.jpeg

間引きをわすれてますね^_^

耐病総太りとおでん大根の品種が混在しています。

でもやはり成長が良くない気がします。

3回目の播種のものはまだ本葉が小さい。
大丈夫かな。

玉ねぎはこんなもんかなあ…今年は忘れずに肥料やったぞ。

7BF5223C-DCD0-44C4-8571-8236BEB51C5A.jpeg


ジャガイモ「出島」は茎が風で曲がってました。

B362FFEC-9452-410B-8AE8-0A7E5600DA44.jpeg

さっそく土寄せをしました。

ノビルという山菜もあちこち顔を出しています。

無事に育っててほしいなあ。
posted by おはなはん at 18:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする