2019年04月24日

ジャガイモ、ニンジン、収穫わすれ〜あらあら、土の中に忘れ物が

定時に仕事を終えてまだ明るかったので、畑に行ってみました。

するとジャガイモが芽を出し、芽かきできるほどになっていました。

ついこの間まで種イモが乾燥しすぎたのかと思うほど芽がでる気配はなかったのにね。

EF6444D5-A244-4433-8EE5-0653289FE8A3.jpeg


やはり急に気温が上がったせいもあるかもしれません。

適度な雨も降りました。

さっそく芽かきをしました。

あと、ジャガイモを植えてないのに芽が出ているところもあります。

FD43BF83-7841-447A-9322-4E72FFD2F7E3.jpeg

ここは冬ジャガイモの出島を育てていたところです。

収穫し忘れ、冬を越して芽吹いたのです。

どうなるか様子を見ましょう。実はほかの場所にも収穫しわすれたジャガイモの芽がありました。

D3D639AE-E8C7-454E-BEA5-E147BD4EBEE0.jpeg

ここはニンジンの播種をしたところです。
チョコッと顔をだしているジャガイモの芽がわかりますでしょうか。

ニンジンも乾燥した日が続き、発芽を心配しましたが、ちゃんと発芽しました。中には本葉も。

34FDBFDC-3C6F-4076-AF37-3C3E2F9E509A.jpeg8249457B-61C3-48F5-9D5E-00E1194AE4D9.jpeg

ニンジンはもう少し大きくなったら間引きをしようと思います。

収穫まで長いので当分は草との闘いです。

ジャガイモの芽かきをしていたら、携帯に金融機関から連絡が入りました。

リフォームローン、300万、審査がとおりました。

もっと若かったら、もっとはやく家の修理を思いついていたら希望金額まで借りられたかもしれません。

一年でも若い方がいいのです。

おまけに実家は私有地に囲まれてるとあって担保を設定できません。

そんな不利な状態からながらも、銀行の支店長さんがなんとかしたいと動いてくれました。

感謝です。

畑作業をするようになって5年以上たっています。

畑作業しながら亡くなった父を思うこともしばしば。

平日は一人暮らしで野菜を作るのもバカらしいと言われつつも自己満足で畑作業をしているのです。



posted by おはなはん at 23:34| Comment(0) | 家庭菜園 | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

早生玉ねぎ収穫しました

例年、早生玉ねぎといいながら5月に収穫していたのですが、今年は暖冬で春になってからも暖かい日が続いたので収穫を試みました。

918E3857-8297-4822-8883-052A35E04075.jpeg

先週、みたところ茎が折れていました。

1週間待って日曜日に収穫することにしました。

それからは天気が悪くなる予報なので、収穫してベランダで干すことにしました。

39599B31-FBBC-400F-B4F5-211B61299DD9.jpeg

本当はもう少し待つべきだったかな。

肥料不足は毎度のこと、またまた小ぶりでした。

一人暮らしの畑の所有者にもおすそ分けしました。

…わたしも平日は一人暮らしになり、小ぶりの玉ねぎの方がいいのです。

D404B770-AA07-4F5E-B4AB-0A92C9E4D8B0.jpeg

コンテナ半分くらいになりました。まあ、苗は50本だったので仕方ないかな。

家のベランダに広げました。辺り一面玉ねぎ臭で頭が痛くなります。

よく収穫したての玉ねぎを生でサラダにしていただくとは聞きますが、わたしは生の玉ねぎと白ネギが苦手なのでこのまま乾かします。

82E3968E-51BA-47E6-852D-53E4BCE9FF55.jpeg
752D3B87-2FE0-433E-A41D-492A1A733BEF.jpeg


この場所は秋になるとサツマイモを干す場所です。

今年はシルクスウィートを植える予定です。

畑は趣味というより、わたしの気分転換です。

実家のごちゃごちゃ、こうでもしないとやってられない。
posted by おはなはん at 22:47| Comment(0) | 家庭菜園 | 更新情報をチェックする

それでも生きていく

傾いた家をやむなく相続して、もっと長い先のことを考えて直すことを決めた。

引っ越そうとあちこち中古物件をみて回った日々。

腰を据えてこの町に住む覚悟でリフォームの計画を立てた。

路地の実家は再建築不可、相続は貧乏くじ。

だからこそ子孫に厄介な「死に不動産」を残すわけにはいかない。

そう思ってのことだった。

…でもリフォームローンの審査におちた。

仕事をしてもなんだか虚しい。

ただ、本当なら明かさない審査落ちの理由を教えてくださった。

理由は夫の年齢。

ローンの案内には75才までオッケーとあったが、夫の既往歴(癌)や職種、そして実家が再建築不可という状況を精査してのことだった。

60才になってから15年払いで500万はダメでしょう、それだった。

まあ、信用の問題じゃなかったから正直ホッとした。

金融機関が信用会社に掛け合って譲歩策ができた。

個人の顧客、しかも今まで取引もほとんどなかったのに、なんとかしてあげたい、と動いてくださっている。

これから話がどうなるかはわからない。

私有地に囲まれた実家、住み続けるにはリスクがありすぎる。

長子として産まれたばかりに実家をどうするかが重くのしかかっている。

本当に苦しい。心身ともにやられた。

それでも生きていく。

49F80A01-E0ED-4E2B-81F6-84B8D7055FE0.jpeg

posted by おはなはん at 06:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

望みがなくなった

半年ほど時間をかけて見積もりや相続の手続きをして準備をすすめた実家のリフォーム計画。

やっと書類がそろって先日金融機関に申し込みをしましたが…

ダメでした。

金額は傾いた実家の傷みを直すので550万との見積もりでした。

やはり定年を迎えてからの申し込みはダメなんですかね…

こうして神様は持ち上げて落とすんです。

今までこうした思いを何度もさせられました。

その都度考え直して残された道を懸命にたどってきましたが、実はもう心の許容範囲を超えています。

傾いた家は健康被害や雨漏り温度差などもたらし、家の傷みは現在進行形です。

両親が残した家ですが、風呂や台所はドロドロで過去の違法なリフォームで耐震性はなく、以前の地震であちこちひび割れています。

だから直したかったけど、どうにもならないですね。

神様を恨みます。

これ以上私を弄ばないでください。

心が折れました。

望みがなくなりました。
posted by おはなはん at 06:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

ノビル、こんな山菜です

以前、ノビルという玉ねぎみたいな山菜の投稿をしましたが、一年中誰かがみてくださってるようでそれだけ気になる山菜だと知った次第です。

春になりジャガイモやニンジンを作付けしましたが、ちゃんとノビルが姿を見せていましたよ。

ノビルはこんな山菜です。

73128E53-DEB1-4110-94AA-33DB7AF1540A.jpeg

葉の先端が曲がっています。

5528C27F-BF20-4CB2-85F9-83620A152472.jpeg

何より葉をさわるとネギの匂いがします。

ぬくと白い玉ねぎみたいなむかごがあります。


586EC117-5E6E-4845-8EC2-E418215B3259.jpeg


ネギのような匂いと白いむかご、これが特徴です。

畑にスイセンが植わっていた場合、間違えてスイセンの球根を食べると中毒をおこしますのでこの特徴をしっかり覚えてください。

スイセンは葉の大きさがノビルより大きく、球根は茶色い皮で覆われています。

ノビルは玉ねぎの代用とはいえ、ピリピリした辛味があります。

今回は親鳥の甘辛煮に入れて食べました。

写真がなくてごめんなさい。

畑には白菜が花を咲かせていましたが、そのままにしています。

モンシロチョウがやってくるのを待っています。

DCC1B4AF-4E02-4759-A639-D28EA274073D.jpeg

ハタケを耕すとこんなサナギが…

A07BE3BC-9E08-4682-B720-B4786214069E.jpeg

メンガタスズメのサナギだと思われます。

土の中でサナギを迎える蛾ですね。

参考にしたサイトです。

http://crimson-systems.com/ikimono/musi57.htm

あえて駆除しないでおきました。
posted by おはなはん at 00:00| Comment(0) | 家庭菜園 | 更新情報をチェックする