2019年07月30日

庭にとてつもなく厄介な有毒植物が生えていた!

昨年買った古い家屋つきの土地、いまは駐車場として使っていますが、とにかく草がよく生える。

春はスギナ、今はツキミソウがのびています。

花苗を植えながらふとみると

…キンモクセイのすぐそばに見たことがない植物が。

あれ?こんな木あったっけ

49CAB75F-87C0-4684-847F-6B3830F61391.jpeg

葉につながる葉柄(ようへい)が赤く、枝のつき方はぐるっと回る感じです。


A193A2D5-922C-4A83-98EC-FF36F24032E3.jpeg


49494DD3-BC75-4EAF-8343-E94450A17148.jpeg


先日、鹿児島紅梅の台木からひこばえが伸びていたので切ったばかりです。

ひこばえは接ぎ木の土台となる台木が息づいて枝を伸ばしたものです。

しかしキンモクセイはもともとこの庭に植えられ、20年以上にはなります。

今頃台木とかひこばえなんて考えられません。

この庭をよく管理されていた造園業者にきくと

なんとウルシ…だった。

ウルシ〜⁈


敏感な人ならそばを通るだけでかぶれる、あの有毒植物、ウルシです。

山が近いと言えどここは商業地兼住宅地、信じられませんが…


どうやら犯人は野鳥のようです。

確かに今までにも野鳥がどこかで実を啄ばんで、その種から発芽したものがあります。

例えば棘があり、赤い実をつけるピラカンサ、南天や山椒です。

しかしウルシは笑ってる場合じゃありません。

造園業者に伐採を依頼したら

「僕らはべつにウルシの処理専門じゃないんで…」

と躊躇され、

「伐採しても根があるとまた生えてきますから、葉に除草剤散布しましょう。」

とのこと。

伐採には肌を出さないように重装備でのぞむそうですが、伐採した枝から有毒の樹液がでるし

処理施設でも迷惑をかけそう。

ウルシのすぐそばはキンモクセイとツツジがあります。

かなり悩みましたが、ウルシは道路側にあり、通行人がかぶれるかもしれません。

除草剤散布を依頼しました。

ことしは異常気象といわれ、おかしなことがおきてます。

7月初めにはヒグラシというセミが鳴き始めました。

ヒグラシはだいたい8月後半に鳴きます。

雨が多かったせいか、雨のかからない軒下や屋根裏に巣を作るスズメバチ。

近くの空き家にもスズメバチが巣を作っているらしく、畑を飛び交っていました。

こじつけでもウルシの一件は異常気象だと考えたい。

宝くじは当たらないけどこんなことには当たるんだよなあ。

もう生えてこないでね〜

http://www.shizen-taiken.com/mhayashi/20030601.html

ウルシのサイトをはっておきました。



posted by おはなはん at 06:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

まだまだ続くゴミ処分と傾いた家

前回のゴミ処分はリフォーム中にでてきた古い古い梅干しやら梅酒やらイスラの実の酒やら。はては手作りの焼肉のタレまで処分しました。

ゴミ処理施設は中身が入ったものは一切受け付けません。

当たり前ですが、スプレー缶も必ずガス抜きします。

今回はガスコンロからIHクッキングヒーターにかわったので、それまで使っていたIH非対応の鍋を捨てなくてはならなくなりました。

母が使っていた大小たくさんの鍋ややかんがあり、みんな対象になりました。

その中には私が干し芋作りに使っていた蒸し器も😭。

ことしは干し芋をどうやってつくろうかしら。

鍋の他にも押入れをチェックしたところ、同じ食器が10も20も!グラスもたくさんありました。

知り合いの旅館が廃業するときに貰い受けたものです。

しかしこの実家は二間続きの部屋がなく、どう考えても20人30人の客迎えはできません。

グラスも昔怪我をしてトラウマになっているわたしには不要物です。

えーい!捨ててしまえ!


中には未使用の切子のグラスもありましたが、やはりガラスは割れると怖い。

切子だろうがタラコだろうが用は無い。

あとは…信じられないことですが、リフォームを手がけた業者が置いていった古い照明器具(LED照明に替えたので取り払った)や、風呂のボイラー用の灯油タンク。

一応路地に実家があるので一番ちいさなサイズの灯油タンクでしたが、それでも大きいオーブンレンジほどの大きさはあります。

おまけに完全に灯油が抜けてない。

とりあえず処理施設に持っていくことに。

工事で出たコンクリート片、忘れられてたのでついでに廃棄。

車が汚れようがおかまいなし。積み込みました!

BD760C4C-B481-44B5-8A93-880B46DD58E1.jpeg

24F15CAC-17AD-4106-9A99-EC7D5FEF3313.jpeg

ゴミ処理施設のおじさんには顔を覚えられ、会うごとにタメ口混じりの挨拶です。

が…例のボイラー用の灯油タンクは廃棄できませんでした。

やはり灯油が抜けきってないのはだめでした。

きれいに抜いてまたもっていきます。

実家にも倉庫として借りている工場跡にもまだまだたくさんの荷物があります。

これからもゴミ処分の闘いは続きます。

片付けた後のスッキリ感が好きで、汗だくになりながらも片付けは続きます。
posted by おはなはん at 06:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

家の修理、リフォーム終了〜後始末が大変

実家のリフォームは「床を剥ぐったら…あるある」のとおり、基礎がなかったり床が腐っていたりで予定を一週間すぎて20日に終了しました。

仕事から帰ってまず新しい台所や浴室の使い方をメーカーからききました。

平成8年に私たちは家を新築したのですが、その当時より台所も浴室も進化していますね。

その家はもう長いこと空き家。他人の家です。

実家に住むようになってから、台所や浴室を使うたびにその家に住んでいた頃を思い出しました。

汚くて傾いた実家に住んでいる現実に何度も苛立ちがきました。

だからこうまで何年もかけて状況を打破しようとしたのかもしれません。



メーカーの説明をうけて引き渡しは終わったのですが、それからが大仕事。

まずは掃除をしなくてはいけません。

工事中、床には養生用にシートが敷いてありましたが、でていた本棚や冷蔵庫、ねこケージなど出しっ放しのものは埃だらけで非常に汚い。


この日の為に買っておいたサイクロン式掃除機で家中大掃除、水拭きもしました。

必要に応じて除菌もしました。

ずっと玄関は開けっ放しだったので家に蚊やダンゴムシがいます。

雨でも開けっ放しで工事をされたので、ピアノも音が狂ってきました。

大掃除の次はネコをケージに入れておき、荷物移動開始。

車のシートをフラットにし、荷物をのせ、お一人様引っ越し。

1ヶ月ほどの賃貸なので、すぐに引っ越しできるように前日からまとめて置いたのが良かった。

荷物移動がすんだらほぼ夜中、すっかり疲れ果てましたが、新しいお風呂があります。

電化住宅にしたので(以前住んでいた家も電化住宅だったので、便利さに慣れていた。)ボイラータンクに灯油を入れなくてすみます。

断熱性のある台所とお風呂。もう冬に凍えることはありません。

お風呂をすませると午前さま。爆睡しました。

翌日は借りていた家の大掃除。

ネコが襖をガリガリしてしまい、襖屋さんに張り替えを依頼しました。

あとは上下水道、電気のライフラインの解約とレンタルしていた家電の返却(借家への通路が狭く、家で使っている冷蔵庫や洗濯機の搬入が難しいので、クロネコヤマトの小さな冷蔵庫や洗濯機を借りました。)



風呂なしWi-Fiなしエアコンなし生活もおしまい。


残業しまくりの中で丁寧に仕事をしてくださった業者さんに感謝。

古い風呂の廃棄や新しい風呂の搬入に庭の通路を貸してくださったお隣さんにも感謝。

1ヶ月、ネコと一緒だけど貸家を格安で貸してくださった家主さんにも感謝。

皆さんのご協力あってこそのものでした。


BE922AA1-7896-459A-86C3-A55AC753CA8F.jpeg
posted by おはなはん at 06:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

リフォーム工事あと一週間

先日業者さんと話をして、リフォーム工事が今週末にはおわり、引き渡しとなることを聞きました。

毎日残業してらっしゃいます。他の現場もあるので主に1人の大工さんがすすめてらっしゃいました。

まだ屋根や外壁修理も残されてますが、足場は組んであるものの、施工業者が引っ張りだこでなかなか順番がこないとか。

でもちゃんと期日までには順番がくるそう。

業者さん、儲かってますなあ。

いいことです。

今、庭の隅に現場の廃棄物がおいてありますが、その中にこんなものが。

EB39A92F-006D-4662-A515-E25FA0E7BB9D.jpeg

この石、台所の床を取ったらでてきた束石です。

この束石の上に柱がのっていました。

表面が平でないので柱が地震や地盤沈下でずれ、傾きの原因になっていました。

そしてこの束石が外から湿気を呼び、露を帯びていたほどです。

柱が腐る理由の1つです。

まあ、これは実家を建てた当時の建築業者の手抜き工事です。

その業者は安い家をよく作ってました。

結局倒産しましたけどね。

床下収納庫にいつのものかわからない梅干しその他が瓶に入ってでてきました。

A9BEB858-3832-4C32-9352-B41834EB8009.jpeg

中身はドロドロ…恐ろしや…

他のゴミと一緒にゴミ処分場に持っていきました。

4A31CE91-B17B-4F0D-857D-B646CEF1D2B1.jpeg

借りぐらしもあと一週間、その間にネコは借家環境に慣れ、この有様。

F3FA9668-CF8A-4A4D-82C7-DB30BE82F3CF.jpeg

体重もしっかり増えました。



posted by おはなはん at 08:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

梅雨の時期、癒しの花たち

梅雨に入ってジメジメとした日々が続きながらも朝夕は涼しく過ごしています。

九州地方の豪雨のニュースをみるたび、これ以上の被害がでないようにと願うばかりです。

近年は地球がおかしくなったのではと思うくらい異常気象が続きます。

豪雨被害にあわれる地方があるなかで水不足に悩む地方もあります。

こちらもつい最近までダムが枯渇していました。

夏の暑さも「猛暑」を超えて「酷暑」、小学校でエアコンの設置が進んでいます。

独居老人もエアコンを取り付けるかたが増えました。暑さ寒さに疎くなるので知らずに熱中症になるからです。

今年も酷暑となるでしょうか。


実家に立ち寄った際に庭に目をやりました。

工事中なのでまったく手をかけてやれません。

またもや草だらけです。いつもだけど( ^ω^)・・・

そんな中で咲いてくれた花です。


1B817E56-9018-4CFC-9074-2A36D2405A83.jpeg

フェンスに絡ませようと思っていたら雑草に負けてそのまま咲いた小ぶりの朝顔。

9170A7D0-CCE0-4197-8A32-A8E4CFE9A2F5.jpeg

植えた覚えがないグラジオラス。他の植物を移植した際にまぎれたかな。

820E4980-ECFE-4EC5-A476-3C11E85540F4.jpeg


植えっぱなしのヘメロカリス。デイリリーのなのとおりすぐに花はしぼんでしまします。

2B2E7177-ED23-4FBF-834F-1953FD8969EB.jpeg


7月はユリの時期ですが、今年もこいつのおかげで全滅でした。

百合の花芽を食い荒らすウリハムシです。

名の通り、キュウリやメロンなどの葉を食害します。

我が家ではユリの天敵。

癒しのユリの花を見たかったな。

梅雨空に癒しの花と残念賞でした。
posted by おはなはん at 10:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

実家リフォーム工事 処理に困るもの

リフォーム工事三週間目、業者さんから相談したいことがあるとメールが来ました。

はてさてまたもや追加料金事だな、と思い現場へ行ってみました。

実家は昔ながらのつくりで壁は聚楽壁が殆どです。

この聚楽壁、種類にもよりますが時間の経過とともにボロボロ崩れ、埃や蜘蛛の巣がつきやすくおまけにカビが生えやすい。

0B72601E-2EDC-4A36-8584-1D2292BF1583.jpeg

7AB9B9D0-A28E-41DA-BF9F-5DF375C022CC.jpeg

いずれも実家状況です。上の写真は居間の壁、下の写真は現在工事中の台所の壁。

居間の壁も直したかったけどもうお金がないのでまわりませんでした…

インターネットでも聚楽の壁のことがでていますね。喘息もちはこの壁はあいません。

サイトはこちら→ https://blogs.yahoo.co.jp/kabistop_com/39068313.html


業者さんは台所の汚い聚楽壁に化粧板をとりつける基礎工事中でした。

その台所の柱にどこかのお寺のお札が貼ってあり、貼り重ねられているものは剥がすことができたが一番下に貼ってあるものは剥がすことができず、釘を打ち付けたり化粧板をはって隠れてしまってよいか相談したいという事でした。


F363B2AC-72DF-4F42-B989-D0B9428F7016.jpeg

8527BF72-6F3F-4171-B9BB-E3C77703C7AC.jpeg

業者さんはスマホで剥がせないお札の処理の仕方を検索してみたが出てこなかったとのこと。

祟りがあったら…と心配をされていました。

台所に貼ってあるのだから火災予防のお札なんでしょう。

いろいろ薬品を使ったり刃物で削ることもできますが、ここは今まで家を守ってくださった「感謝のきもち」を持つことが大切です。

そして「これこれこういう理由で工事をするため壁板に隠れてしまいますが、なにとぞご容赦ください。今後も今までと変わることなく御守護ご加護いただきますように。」

とお札をとおして守ってくださっている神仏に祈るのが一番かと思います。

私は神社でいただいたお札は神棚にあげ、一年過ぎたらお焚き上げをしていただきます。

貼り付けられて剥がせないお札…昔ながらの家であるあるらしいです。

大黒柱の屋根裏部分にお札が貼り付けられているとか…

実は本気で祟る土地神さんが実家に祀られているのでその話かと思いあわてました。

リフォーム工事は18日まで。19日引き渡しとのこと。

やはり5日ほど工事が延びました。

しかたがないですね。

posted by おはなはん at 09:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする