2019年08月18日

暑さにバテた夏野菜、切り戻して復活

この猛暑でプランターに植えていたミニトマトや、ナスがバテて枯れていきました。

ナスは7月半ばから葉が枯れ落ちていき、ミニトマトはやせ細っていました。

ツル性のキュウリは言わずもがな、三本収穫して虫の息。

やはりプランターは限度がありますね。

畑に植える場所がないわけじゃなかったけど、気軽に収穫できる「庭でのプランター栽培」を選んだわけです。

そこで思い出したのはいつも相談にのってくださる農業高校の先生の言葉。

「ナスは徒長して元気がなくなったら、切り戻しをする。また秋に収穫できる。」

ああ、そうだった。ミニトマトやナスなどナス科はわき芽が出るんだっけ。

一休さんの如く、閃いた私は園芸ハサミを持って遠慮なくミニトマトとナスの枝を切りました。

それが8月初めだったと思います。

そしてお盆過ぎの今日の様子がこれ。

9032C09A-252C-40CD-99FA-BE3691967FF9.jpeg

A964CD7F-F484-4A0A-BAEF-A967FA58B95F.jpeg

ミニトマトはわき芽から葉がでています。

784CFCA7-264D-440A-8900-0A1EEEF6A853.jpeg

ナスは花をつけました。

これが秋ナスになります。

相変わらずマイペースな自然派栽培なので収量やら見栄えを言われたらどうしようもないですけど。

切り戻ししたミニトマトとナスに再び肥料をやりました。

キュウリは…下から枯れていってます。もう花もつけません。

8月も後半、畑は見事に草だらけ。



除草して次の作付けの準備をします。

昨年、除草剤騒ぎでほとんど収穫できなかった大根にまた取り組みますか。


https://blog.seesaa.jp/cms/article/edit/input?id=462067017
posted by おはなはん at 13:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

全国戦没者追悼式 令和元年

全国戦没者追悼式、昨年は平成最後の追悼式に参加しましたが、今年は認知症の母の参加の付き添いです。

どうしても今年参加したいと母が訴えるので申し込みました。

認知症など要介護の遺族参加の場合は付き添いが要ります。

しかも自己責任…

いっても覚えてるかどうか怪しいけど、母が動けるうちに連れて行かないと後悔するでしょう。

いつもは当日、武道館周辺は街宣車がウヨウヨ、厳戒警備態勢です。

しかし今年は街宣車を見かけない。

どこに行ったんでしょう。

ほかの方法をとっているのかな。

3E28B5F9-D79C-4253-8C20-B67D221CF353.jpeg

会場に入るには招待状がいります。

210CCA99-626C-4E76-B8A7-DAEDF8795F6E.jpeg

15FAE21E-25E3-4874-BB54-DDCF137186CF.jpeg


当日バスの中で検査があります。

式典前に昼食をとる必要があり、10半すぎにいただくことに。

EDFFF9EC-267D-4348-AC18-F343D747E1BD.jpeg

69180C42-B3A2-408F-A98B-B68938D43F12.jpeg

268A4C66-4A9F-4925-AC3C-BC4C267DD5CE.jpeg

式典を待つ間、国会議員が自分の選挙区の県をまわります。

私もおもわず握手しました。

今年の追悼式の文字です。

5C485240-5F91-4E66-A193-7FEC5E6632B1.jpeg

毎年書家は変わります。

今年は、新井光風さんだそうです。


両端の花は天皇皇后両陛下から賜ったものです。

式典が済むと会場の皆さんに…ではなくて下げられます。

安倍首相の式辞に某国を意識したものはありません。

平和祈念に国は関係ないのが日本です。

令和の天皇陛下のお言葉は上皇陛下のお言葉を踏襲されてました。

戦後生まれの令和の天皇皇后両陛下、お気持ちも新たでしょう。

皇后陛下はグレーのスーツをお召しでした。

ご公務を熱心にお勤めされてます。

ご退場の際、昨年は「天皇陛下バンザーイ」と叫ぶ人がいましたが、
今年はありませんでした。

穏やかでよかった。

さて、母は覚えているでしょうか。


posted by おはなはん at 17:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

名も知らぬ花、ついに本当の名前がわかった!〜牧野植物園〜

おととし高知市の日曜市で買い求めた名も知らぬ花、地元の博物館では「八重咲きクチナシ」とのことでしたが、香りがないし葉のつき方も違っているのですっきりしていませんでした。

http://hanaryujin.seesaa.net/article/460940416.html

クチナシならばあの強い香りがあるはず。

葉のつき方も違うし…

それならば再び高知の日曜市へ行って確かめよう!

その思いで高知に来ました。

そのとき、ある案内看板が目に入りました。

高知県立牧野植物園です。

http://www.makino.or.jp/

牧野植物園といえば植物図鑑を作った牧野氏に因んだ植物園です。

http://www.makino.or.jp/dr_makino/

地元の花は地元に聞いたらわかるかも!

早速向かいました。

行ったのは夕方5時過ぎ。しかしその日は夜9時まで温室や一部を見ることができるとのこと。

職員にスマホに入っていた写真をみせ、花の名前を尋ねました。

A8D8DE43-304E-4099-BE02-221CF730BBF7.jpeg

さすが牧野植物園、名前はすぐにわかりました。

サンユウカ
というはなだそうです。



https://flower365.jp/09/k648.html


上のサイトに育て方など詳細が記されています。

わりとポピュラーな植物なんですね。

ああ、これですっきりした。

餅は餅屋、地元のことは地元で聞いて正解でした。

サンユウカは時間によって香りがあるそうですが、私がそれをつかんでいなかったのです。

明日は日曜市でまた気に入った植物を買 DD91F2D1-7766-4BA0-B5A1-43B255888874.jpegってきます。

こんどはちゃんと名前をメモして帰ろう。

posted by おはなはん at 00:26| Comment(0) | 園芸 | 更新情報をチェックする