2020年03月29日

春だ!人事異動だ2020

新型コロナが蔓延しても普通に人事異動はありました。

2年間、田舎すぎる職場で残業残業でなんとか乗り越えました。

定年退職や早期退職の方がいると聞き、よくしていただいたものですから寂しくて仕方がありません。

そんな私はと言えば

私も今の職場を離れ、以前いた海が見える職場へ変わることになりました。

この2年間、以前いた職場に帰りたくて想いが募っていましたが、いざ今の職場を離れるとなるとやはり寂しい。

私がいた部署の皆さん、本当にいい方ばかりで仲良く仕事をさせて頂きました。

特に今年度一緒に仕事をした方は若い女性でありながら年配以上に気配りができ、勉強熱心な方でした。

何かを指摘されてもへこまず、良い方へ考え、改善へ向かわれました。

彼女の妹さんが長男と同じ発達障害で、対応もよく学ばれていました。

きっと彼女はこれからも経験を積まれ、よき指導者として将来は管理職になるのではと楽しみでなりません。

新型コロナの影響で自粛自粛、夜の送別会もなくなり豪華なお弁当を各部署別で食べる(全職員が集まるのも危険)形で終わりましたが、

じゅうぶんです。

皆さんありがとうございました😊

管理職の方もまさか私が変わると知り、びっくりされ話をしにこられました。

…恐れ入ります…

次の職場の上司からは「まあ、うちのことをよく知ってるから心配ないでしょう?」

と笑われました。

実はそうではない。別の上司は

「うちは以前と違って今ヤバイです。覚悟してきてください。」

とのこと。

どうやら…荒れているようです

噂は本当だった。

また大波が来るのかなあ…

桜が8分咲きでしょうか。

新型コロナの感染予防で花見もできないそうです。

露天商も稼げないだろうなあ。

父の七回忌の法要の話をしにお寺へ行きました。

境内の桜を撮りました。

誰一人いません…

20974900-3D2E-49E7-9BBC-8C11C4CC03A4.jpeg

DE855232-8EAC-4566-B58B-8605422019EC.jpeg

posted by おはなはん at 17:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

新型コロナウイルス 高速バスの不安と労働組合

新型コロナのパンデミックがようやくWHOから周知されました。

いまや日本のあちこちにクラスター発生箇所があり、日々感染者が増えています。

私の職場のみなさんもマスクに消毒、徹底した手洗いをしています。

新型コロナウイルスの蔓延でレジャー施設は休園に入り、観光業界や関連業界も打撃を受けています。

三月下旬に所用で感染者が急増しているところへいく予定ですが、そのバスの予約に行ったときのこと。

「席は空いてますか?」

と聞くと

「まだまだじゅうぶん空いてます。」

とのこと。新型コロナウイルスの影響で予約はあまりないらしい。

「〇〇(行き先)はコロナは大丈夫ですかね…」

と言うと隣で高速バス運手の方が

「危ない、どうなるかわからないよ。」

そしてこうも言われました。

「今朝もA運転手が熱が37度以上あると申告したのに、会社は何も手もうってくれなかった。

人の命を運ぶ仕事なのに会社は何も思ってない。俺は腹が立って抗議した。」

と興奮気味に話されました。

熱があるのに勤務?

休みたくても休めない…日本の企業。

この会社は今日から検温を義務付けられたそうですが、検温して熱があっても休ませないのでは?

そういえばこの会社は労働組合がない。

社員を守るべき労働組合がないのはこういうときに痛いですね。

…ホンマにバス、大丈夫かな。


posted by おはなはん at 18:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

ジャガイモ植え付け スズメがもぐっていたぞ!

今日は気温が高く晴れていたので、年休を取って畑にむかいました。

半分に切って乾かしていた種芋に発芽が見られたのと、自分の仕事をひと段落させたからです。

年度末はいつもバタバタだけど今年は早め早めの準備をしていたおかげでゆとりがあります。

精神的には一番不安なんですが…

先週の土曜日にはニシユタカ(一般には冬に収穫するジャガイモ)を半分に切らないまま植えました。

ジャガイモが緑化してしまい、食べられなくなったので試しに植えてみました。

果たして育つかなあ…

今日はその隣にメークインを植えました。

畑を耕していると…

あ、スズメ!

B3424D21-4500-4B30-ADA8-4B8EC0CCAAFF.jpeg

スズメはスズメでもメンガタスズメです。

蛾ですが、土の中で蛹として育ちます。

ナス科の植物にも害虫としてくるようですが、大量発生しないために害虫扱いされないみたいですね。

https://www.boujo.net/release/クロメンガタスズメ.html

↑参考にしたサイトです。

かわいそうですがとりだしました。

植え付け場所に有機石灰や牛糞堆肥をすき込み、元肥となるジャガイモ用の肥料もすき込みました。

半分に切って乾燥させたはずですが、断面がカビけているものがありました。

しかし発芽もみられたのでおそらく大丈夫かと。

3698AC98-6D0D-4B3D-BEC9-8A58E712D255.jpeg

そういえばあのウスイエンドウはどうなったんでしょう。

秋口に播種し、12月には草丈50センチにも育ち、花まで咲いていましたね。

1760BB79-A14E-46ED-8C8E-812BF18EC740.jpeg

はい、その後の写真です。

BDB146C6-185F-432D-9D7E-C0F8A7831D50.jpeg

少しですが降雪があったり、霜が降りたりした日があったので見事に枯れました。

農家の人に聞いたら、ウスイエンドウは11月半ばに播種するそうです。

早く播種しても越冬できないから…

失敗しました。この秋は時期を間違えないようにするぞ。

玉ねぎは順調です。

E6E879D9-2518-4DDF-A7A5-4BA433FB6030.jpeg

畑は所有者の亡くなったお母様が植えておられた水仙があちこちで咲き誇っていました。

3B33837F-8101-4006-A864-341E2CBA0989.jpeg


名前はわかりませんが赤い花。

62715DCC-5677-4856-9394-A21A6D42141E.jpeg

四月に咲く利休梅はまだつぼみです。

D2B8092F-5736-43C0-87D6-6AA324332C08.jpeg

私は今のこの時期が好きです。

今まで何度も仕事の事で苦しんだり悲しんだりしましたが、誰にも言えないその苦しみを花は癒してくれました。

桜や梅、桃、レンギョウなど春に咲く花を中心に植えているのはその為です。

今も辛いものはありますが人には言いません。

車の中で一人つぶやくだけです。

家庭菜園を続けているわけは亡くなった父の想いがあるから。

相変わらず自分流ですが、父を時折感じます。

もうすぐ命日。


posted by おはなはん at 21:14| Comment(0) | 家庭菜園 | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

新型コロナウイルスに踊らされるのは

春節以降、急激に感染が広まった新型コロナウイルス。大阪のライブハウスや北海道の催事として使われた施設で集団感染があり、それがまたまた広がっているようです。

「クラスター」なんて横文字を使ってわかりにくくさせてますが、集団感染です。

また全く接点がないのに感染しているのもあり、まさに未知の恐怖です。

2月末の木曜日の夜、ニュースで安倍首相の「学校の臨時休校要請」を聞いたのがついこの前。

それだけの一大事です。

野党は「後手後手に回って、その場しのぎだ」と騒いでいますが、代案はあるのでしょうか。

奇しくも昨日は東日本大震災の日。

当時の政権は民主党でした。

あの甚大な災害にお粗末な対応をしてますよね。

第一線に立って何をすべきかスキルがないために混乱を引き起こしました。

最近まで桜を見る会がなんだかんだと言ってましたが…

この国難を与野党が協力して乗り越えなければ日本は国力が弱体化します。

「緊急事態宣言」特措法が自民党、立民党、国民民主党の賛成をもって衆議院で可決、12日曜に通過する見通しです。

この件については賛成された野党を支持します。

共産党は…やはり反対でしたか。

まあ、反対意見もあって当然。その意見は尊重すべきでしょう。

未知のウイルス、特効薬やワクチンもありません。

後手後手だろうが、場当たり的な対応と言われようが、まず対応しなければならないでしょう?

でも全国的に手洗いや消毒、マスクを着用など気をつけているせいでしょうか、いつもなら大流行するアレ…インフルエンザやノロウイルスの話を聞きません。

皆さんの衛生観念が効果をだしていますね。

あー、マスク、マスク。

相変わらず店にはありません。

政府が国民生活安定緊急措置法を政令改正し、15日から施行となります。

ヤフオクでは11日から、ラクマでは12日、メルカリでは13日曜から転売できなくなるので、それまで暴利を得ていた転売ヤーさんはどうするのかなぁ。

知人はクラフトトーカイ(手芸店)からガーゼマスクキットを買って作りました。

転売ヤーが小売店にマスクを卸すなら少しは流通するでしょうが…

この間はトイレットペーパーがいきなり売り切れ。

何事かと思ったら「マスクと同じ原料だからトイレットペーパーも品切れになる」とデマを言った人がありSNSで瞬く間に拡散しました。

よく考えたらデマだとわかりそうなもんですけどね。

トイレットペーパーまでオークションサイトで出品され、転売ヤーの商魂のたくましさに脱帽です。

またぬるま湯を飲むとウイルスが死ぬ、なんてデマも流れてきました。

「知り合いの看護師からぬるま湯がウイルスに効くと聞いた」

このパターンの内容がいろんなところから耳に入りましたが、理科を習った私たちは気付きますよね?

ヒトの体温はぬるま湯とされる26℃より10℃高い。体内に新型コロナウイルスが入っても体内で死滅することになります。

その後は「免疫をつけると良い」とし、スーパーから納豆やヨーグルトが消えました。

職場には空気清浄・除加湿器が設置されました。

マイナスイオン発生らしいです。

どうして信じちゃうんでしょうかね。

デマに踊らされてはだめですよ。
posted by おはなはん at 00:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

つくし誰の子スギナの子

以前、若い人と話をしていて

「ツクシはスギナの子ですよ。」といったら非常にびっくりされて

「ツクシとスギナは同じなんですか!?」と言われました。

除草作業しない人にはわからないだろうなあ。

ツクシとスギナの関係のWikipediaです。

ツクシとスギナは同じ地下茎で春に出てくるのがツクシ(胞子系)、その後に出てくるのがスギナ(栄養系)となります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AE%E3%83%8A

庭仕事や畑をしている人はご存じですがスギナは非常に厄介で、抜いても切っても再生してくるので根絶は難しい。

しかしツクシのほうは昔から日当たりのよい土手などに生えていて、私も子どものころはよく摘みに行っていました。

ただ、犬の散歩コースだとどこでおしっこをひっかけているかわかりませんよね…

そのツクシ、2月29日に畑へ行って見つけました。

畑は町の住宅地の奥まったところにあるので来る人はいません。

いつになく早いツクシだなあ… これも暖冬のせいなんでしょうね。

64776724-82CD-4EEB-A5D5-199581B7267F.jpeg
9A732D79-5B71-46DA-820F-332D9BD995CE.jpeg


さっそくツクシを摘んで袴をとりました。胞子(頭の部分)もとりました。

ツクシは頭と袴をとるという事を覚えておいてくださいね。

ツクシだけだとかなりの量が必要なので白菜と一緒にゆでてお浸しにしました。





posted by おはなはん at 17:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

季節外れに羽化したアゲハチョウ

昨年3つのキアゲハの蛹を持ち帰りました。
935115FD-AA45-440B-BE6B-83B0740BF160.jpeg

2つは11月には羽化し自然へ返しましたが、残る1つだけは12月に入っても全くその傾向がなく、越冬するものだと思われました。

そのため飼育ケースを実家で外の気温に近い玄関に置きました。下手に暖房が効いたところに置くと羽化してしまうからです。

蛹の越冬は私にとっても初めてです。

いつも思うことは無事に成虫になるように。

しかし2月16日の朝、飼育ケースにうごめくものを発見し、ついにその日を迎えました。

キアゲハは春を待たずに羽化してしまったのです。

寒い玄関とはいえ、一番の大問題はこの暖冬!

1月2月はいつもならいくらか降雪があります。最低気温がマイナスになることもあります。

それが今年は全くない。スキー場は雪がなくて休業状態、雪道を運転しなくていい分には助かりますが、植物の生育にも影響を及ぼしています。

そして...今回羽化したキアゲハは羽化に失敗し、羽が十分に伸び切らないままでした。

201626AA-4200-4A88-9E91-68E8A8BC1014.jpeg

自分で花を探して(花も冬はそんなに咲いていない)飛び回るのはまず無理です。

F1D4B3EA-D490-4C3B-80FF-BBF45F488CC0.jpeg

86FE20F2-F2CD-43B4-8B7B-A7D7E914EB07.jpeg

9EE17457-5602-4B6A-B79D-A736D9555858.jpeg

庭のノースポールに止まらせてみましたが、花の蜜を吸うしぐさもありません。

不安定な動きでウロウロしているようです。

動画です↓



三寒四温に差し掛かり、暖かい日は汗ばむことがありますが、寒い日は気温が10℃をきります。

外へは出せません。玄関のシクラメンの上で休ませることにしました。

その日夜に帰ってみたらキアゲハはじっとしていました。

エサもろくになく、飛ぶこともできず見ていてせつなくなりました。

次の日帰ってみると姿はありませんでした。

飛べないのに這ってどこかへ逃げたのかな… そう思っていましたが…

5B986181-4B81-4F0D-9BDD-E8E4657BDE35.jpeg

玄関の隅で死んでいました。

ここまで自力でさまよったんですね。

暖冬でなければちゃんと春に羽化できたでしょうに。

自然は厳しい。
posted by おはなはん at 23:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする