2020年10月23日

鬼滅の刃柄でつくったけど 実は恥ずかしい

 今月16日から公開となった「鬼滅の刃 無限列車編」の映画。こちらでも映画館は人であふれていたそうです。

 私も夏にネットフリックス(動画配信)でやっとテレビでの鬼滅の刃を見ることができました。

 同僚の子どもが鬼滅の刃のファンでよく話を聞かせてもらっており「紅蓮華」でダンスがしたいと言われたら音源を探し、ピアノで弾きたいと言われたら楽譜を提供していつのまにか私も巻き込まれていたわけです。

 文句なしに面白いです。特に今年は新型コロナの影響で不要不急の外出を控えており、観光や飲食などできないに等しかったですね。あらゆる楽しみのきっかけが無くなり、祭りもイベントも中止でメリハリがない生活が続いていました。

 そんな中で鬼滅の刃は「あきらめない」「救う」「助ける」など能動的な言葉があふれ、また、連載された少年ジャンプお得意の「友情」「家族愛」もぶれることなくストーリー全体にちりばめられています。

 コロナ禍にあって人々は鬼滅の刃に何かしら求めるものがあったと思います。

 今年春先、店頭からマスクが無くなったせいで私たちは「売り切れならば作ったらいいや。」とばかりにマスクを手作りするようになりました。

 1作目は鬼滅の刃の炭次郎の羽織柄でトートバッグとマスク

C611714A-6BD2-49D8-A520-2AFB088ECB29.jpeg18B2D237-8B4F-4580-8BEE-D08B8B1F3FEC.jpeg
 
 炭次郎のマスクと関係ないマスクも写っていますがご容赦ください。(実は和手ぬぐいでもマスクを作ることができるんですよ)

 2作目はねず子の着物柄(これは昔からある和柄で「麻の葉柄」と言います。)で吾妻袋(あずまぶくろ)とマスクを作りました。

5510FD73-8E28-4955-BFEC-533219CC6700.jpeg11732B4E-D74D-4B95-A2A6-E7CBB551D9EE.jpeg

 実は裁断のサイズを間違えたため、写真では持ち手がずれています。縫い直しましたが写真がありません。


 3作目は我妻善逸の着物柄でねず子のマスクの写真にもありますがマスクと吾妻袋を作りました。

5469CAC6-F8C9-4B0D-ACCA-198C37E7E57A.jpeg

 吾妻袋はローソンの景品にもあったようですね。

 ちなみに作り方はとても簡単です。

 作り方のサイトを貼っておきます。

https://kyoya.net/tenugui/knowledge/%E6%89%8B%E3%81%AC%E3%81%90%E3%81%841%E6%9E%9A%E3%81%A7%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AB%E4%BD%9C%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81%E3%80%8E%E3%81%82%E3%81%9A%E3%81%BE/

 先日トーカイに言ったらまた新たに布が売られていました。入荷したばかりだというのでさっそく…

04370A82-645A-4F48-8A2F-8AF6989599F9.jpeg


 ねず子の吾妻袋とマスクは娘にやりました。さすがに私の年齢では恥ずかしい。

 私自信は我妻善逸が好きなので善逸柄のマスクをお出かけの時に使っています。

 吾妻袋はもったいなくて使っていません。

 炭次郎のかばんは職場で使っています。炭次郎のマスクはまわりの幼児や小学生がよくつけているので遠慮しております。

鬼滅の刃の映画、見に行きたいですが映画を一人で見に行ったことがないので腰が重いです。

 やっぱり…恥ずかしいかな。

 DVDや配信を待とうかなあ…


posted by おはなはん at 00:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

悲しくても辛くても秋は深まりゆく 雑草と畑

前回の投稿をした9月下旬から私は体調崩していました。
SNSによる中傷を気に病んでしまい、仕事上ではなんとか平静を保ってはいましたが、
表情は暗く、言葉も減りました。

長い間、症状が出なかったパニック障害が突然あらわれ、毎日が不安でならなかったのです。

今は周りの方々のフォローをいただき、また薬の世話にもなり落ち着いています。

当然畑にいく元気もありませんでした。

庭のバラもほったらかし状態でした。

昨日、久しぶりに畑へ行きました。サツマイモ(紅はるか)の芋づるが欲しいと職場の方から言われたので
喜んで案内したのです。

ついでに試し掘りをしたら…

A696547B-024F-4DEE-BABB-D7AC05720C84.jpeg

立派なでぶ芋に育っているではありませんか。

この芋は芋づると一緒に職場の方にあげました。

その後ひたすら芋を掘りました。

今回は芋苗を立て気味に植えてしまったようで、見ての通りでぶ芋ばかりです。

A8A90BDD-1EED-426E-84B3-CE5B4DF9C206.jpeg

61CC81E4-B426-427D-BBD1-A61DE2576EE8.jpeg

B2F9A9A1-7811-4C84-91A4-3759CE8213E5.jpeg

誰かかじっていますね。

♫でぶ芋ちゃん 土の中で何してたの
もぐらと おすもうなんかしてたのかい♫

湯山昭の童謡です。今は知らない人が多いかなあ

そうそう、芽が出なくて心配していたジャガイモは

5C8500FF-042A-4DBF-98EA-D5BD50E1A3A8.jpeg

芽が出ていました。私が悲しくても辛くても、ちゃんと芽をだしていました。

消毒された種芋でないので収穫まで油断は禁物ですが。

大根もたくさん本葉をだしています。

0B6D7042-1C7C-4EF5-8E65-832A4DEBE38A.jpeg

3B859EBF-60B1-433E-B015-F5CABACC0A06.jpeg

ニンジンは.間引かなきゃ。
02192581-4FE9-48DC-B5DD-9F1B48F22C0E.jpeg

ブロッコリー

53E7DE54-4603-4DCF-B95F-9A1C447EAF38.jpeg

庭では園芸培養土を袋ごと使い、白菜を育てています。
今はバッタにやられています。
A4375AF5-C0EF-4E59-8E88-B13813D76C40.jpeg

もの言わぬ植物ですが、私などよりタフかもしれませんね。

そういう意味で私は植物に支えられているのかも。

悲しくても辛くても秋は深まりゆく
posted by おはなはん at 23:29| Comment(0) | 家庭菜園 | 更新情報をチェックする