2020年04月06日

自粛だけど畑へ行ってみた。

自粛自粛で仕事以外はおとなしく家で過ごしていましたが、畑の様子が気になり、除草がてら行ってみました。

いまはびこっているのは地面に広がるようにのびる「ほふく型」の雑草です。

ロゼット形で地面に張り付くように冬越しをする雑草は気温が上がるとともに草丈がのびますが、まだ今の時点ではあまり見られません。

久しぶりに畑で見たのは

玉ねぎの場所を占領している雑草の姿!

ビフォー

5DA122BD-AEF0-4F78-B638-EB47DF4E1BE4.jpeg

アフター

8E424298-E4C0-4C0F-A5AD-DB3910491AB3.jpeg

なぜかヒナゲシ?らしき葉がでていて、抜かずにおきました。

9516965A-97C8-4DE1-9106-0575FBB28402.jpeg

じゃがいもの畝では小さな芽がでています。

D50A33A9-AE59-4DDE-94E1-91523E805061.jpeg

また、あちこちからヒルザキツキミソウの葉がでており、いくつかほりあげて駐車場まわりにうえることにしました。

1CB343EA-AAB9-4C89-B94C-C2DB459890CF.jpeg


今年は花つくりを多くしようかな。

畑のそばでは空き家がありますが、毎年きれいにこの花が咲きます。

利休梅です。

9E730201-571B-47A6-8797-4AA3FCB2F786.jpeg

今年の桜は自粛要請で人も露店もなく、わざわざ花見にいくこともしません。

新型コロナ、いちはやく収束してほしいです。
posted by おはなはん at 00:10| Comment(0) | 家庭菜園 | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

ジャガイモ植え付け スズメがもぐっていたぞ!

今日は気温が高く晴れていたので、年休を取って畑にむかいました。

半分に切って乾かしていた種芋に発芽が見られたのと、自分の仕事をひと段落させたからです。

年度末はいつもバタバタだけど今年は早め早めの準備をしていたおかげでゆとりがあります。

精神的には一番不安なんですが…

先週の土曜日にはニシユタカ(一般には冬に収穫するジャガイモ)を半分に切らないまま植えました。

ジャガイモが緑化してしまい、食べられなくなったので試しに植えてみました。

果たして育つかなあ…

今日はその隣にメークインを植えました。

畑を耕していると…

あ、スズメ!

B3424D21-4500-4B30-ADA8-4B8EC0CCAAFF.jpeg

スズメはスズメでもメンガタスズメです。

蛾ですが、土の中で蛹として育ちます。

ナス科の植物にも害虫としてくるようですが、大量発生しないために害虫扱いされないみたいですね。

https://www.boujo.net/release/クロメンガタスズメ.html

↑参考にしたサイトです。

かわいそうですがとりだしました。

植え付け場所に有機石灰や牛糞堆肥をすき込み、元肥となるジャガイモ用の肥料もすき込みました。

半分に切って乾燥させたはずですが、断面がカビけているものがありました。

しかし発芽もみられたのでおそらく大丈夫かと。

3698AC98-6D0D-4B3D-BEC9-8A58E712D255.jpeg

そういえばあのウスイエンドウはどうなったんでしょう。

秋口に播種し、12月には草丈50センチにも育ち、花まで咲いていましたね。

1760BB79-A14E-46ED-8C8E-812BF18EC740.jpeg

はい、その後の写真です。

BDB146C6-185F-432D-9D7E-C0F8A7831D50.jpeg

少しですが降雪があったり、霜が降りたりした日があったので見事に枯れました。

農家の人に聞いたら、ウスイエンドウは11月半ばに播種するそうです。

早く播種しても越冬できないから…

失敗しました。この秋は時期を間違えないようにするぞ。

玉ねぎは順調です。

E6E879D9-2518-4DDF-A7A5-4BA433FB6030.jpeg

畑は所有者の亡くなったお母様が植えておられた水仙があちこちで咲き誇っていました。

3B33837F-8101-4006-A864-341E2CBA0989.jpeg


名前はわかりませんが赤い花。

62715DCC-5677-4856-9394-A21A6D42141E.jpeg

四月に咲く利休梅はまだつぼみです。

D2B8092F-5736-43C0-87D6-6AA324332C08.jpeg

私は今のこの時期が好きです。

今まで何度も仕事の事で苦しんだり悲しんだりしましたが、誰にも言えないその苦しみを花は癒してくれました。

桜や梅、桃、レンギョウなど春に咲く花を中心に植えているのはその為です。

今も辛いものはありますが人には言いません。

車の中で一人つぶやくだけです。

家庭菜園を続けているわけは亡くなった父の想いがあるから。

相変わらず自分流ですが、父を時折感じます。

もうすぐ命日。


posted by おはなはん at 21:14| Comment(0) | 家庭菜園 | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

トウ立ちの心配と初めての干し大根つくり

異常気象とも言える暖冬で、冬野菜にはありがたくない状況です。

ニュースでは大根の成長が良すぎて基準より大きくなり、規格外で取引されたり廃棄になっているとのことです。

そういえばスーパーでも大きな大根が安く流通していますね。

こちらは降雪地帯で、30センチも積もれば大雪です。

しかし今年は1月に入っても全く雪は降らず、氷点下になることもありません。

冬タイヤに交換しなくてもいいくらいです。

昨年も降りませんでしたが、今年はさらに気温が高い。

我が家の畑の大根も成長が良く、店に出したいくらいの大根がたくさんできました。

食べきれないのでご近所や勤務先の方に配っています。

知り合いの農家から

「葉を落とさないとトウが立ってたガリガリ大根になるよ。」

と言われてさっそく畑へ。

アブラナ科である大根は、そのままにしておくと葉の根元から茎がでてやがて菜の花に似た花が咲きます。

FB18DF5C-DA51-4FFB-8C41-623D69A74929.jpeg

写真の出典サイトです。
https://minhana.net/wiki/ダイコン

そうそう、白菜やキャベツもアブラナ科なので同じような花が咲きますよ。
連作障害を避けるためにも植物の仲間分けを知っておく必要があります。

3B6A176F-EF39-4186-8E73-D605C1071925.jpeg

大根の葉は鎌で切り落としました。

26247643-C322-4992-B78A-98C90A374A45.jpeg
AA853EDA-C385-4D3E-8AB7-AE74D6C99926.jpeg

さて、初めての干し大根つくり。

あの手に負えない散髪屋さんも軒先きから大根を干してらっしゃいます。

よっしゃ、私は切り干し大根に挑戦だ。

①大根の皮をむき、10センチくらいに分けます。

②大根の繊維に沿って薄く板状に切ります。

C51A9630-AC90-451E-96F0-0DC00B7A3D1C.jpeg

③板状に切った大根を繊維に沿って細く切ります。

95508F5B-F5AC-4626-B019-1EF86043E386.jpeg
09612997-5594-4D83-A2B3-59DFF0FA4619.jpeg

④キッチンペーパーを敷いたザル(私は梅干しを干す道具?を使用)に広げて干す。

1DBBD5ED-29C5-436A-A56E-4961E9157890.jpeg

雨がかからないところに干します。

干し上がるまでだいたい1週間くらいでしょうか。

うまくできたらいいな。
posted by おはなはん at 22:27| Comment(0) | 家庭菜園 | 更新情報をチェックする