2022年01月10日

遅くなりましたが例のコンテストの結果です

またまた前回の投稿から時間が経ってしまいました。

 初の異世界小説をコンテストに応募した件ですが結果は一次予選通過したものの、最終ノミネートには落ちました。いわゆる異世界テンプレートというものをわざと外した作品であったために効果的なタグ付けはできず、PVも限られていたためだと思われます。

 それでも小説として通用できると確信し、以後も創作を続けています。


 ただ、「小説家になろう」「カクヨム」「魔法のiらんど」もラノベ全盛なので私のような文体は固いのかもしれません。あるフォロワーさんからは別のコンテストを目指すことを勧められました。


 今書いている小説が終わったらまた考えたいと思います。


 年賀状に小説のサイトをQRコードにしたものを入れ、何人かの友達が読んでくれています。有難いことです。




 こちらは雪が降りました。畑は雪に埋もれ、除雪も面倒なので溶けるまでほっておきます。

IMG_2859[653].jpg

IMG_2858[652].JPG


そうそう、最近のアクセス解析でシンビジウムの記事が読まれていますので春に植え替えした結果を報告しますね。


 はい、つぼみをつけたのは一鉢だけ。


 夏も直射日光にさらされないようにしたんだけどなあ。


 
posted by おはなはん at 23:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

遅くなりましたが例のコンテストの結果です

またまた前回の投稿から時間が経ってしまいました。

 初の異世界小説をコンテストに応募した件ですが結果は一次予選通過したものの、最終ノミネートには落ちました。いわゆる異世界テンプレートというものをわざと外した作品であったために効果的なタグ付けはできず、PVも限られていたためだと思われます。

 それでも小説として通用できると確信し、以後も創作を続けています。


 ただ、「小説家になろう」「カクヨム」「魔法のiらんど」もラノベ全盛なので私のような文体は固いのかもしれません。あるフォロワーさんからは別のコンテストを目指すことを勧められました。


 今書いている小説が終わったらまた考えたいと思います。


 年賀状に小説のサイトをQRコードにしたものを入れ、何人かの友達が読んでくれています。有難いことです。




 こちらは雪が降りました。畑は雪に埋もれ、除雪も面倒なので溶けるまでほっておきます。

IMG_2859[653].jpg

IMG_2858[652].JPG


そうそう、最近のアクセス解析でシンビジウムの記事が読まれていますので春に植え替えした結果を報告しますね。


 はい、つぼみをつけたのは一鉢だけ。


 夏も直射日光にさらされないようにしたんだけどなあ。


 
posted by おはなはん at 23:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年08月19日

海賊の小説を書いています

 なかなかブログの更新ができないまま、時間が過ぎていきます。野菜も育ち収穫もでき…すみません食べてから気づくのです。

 さて前回紹介した「紅のオレイカルコス」は7月に完結し、なんとこともあろうにこの年齢でコンテストに応募しました。恐れを知らぬとはこのことです。連載自体は「カクヨム」と「小説家になろう」の投稿サイトでしたが、応募は『魔法のiらんど』の小説部門です。いや、間に合うのがこれしかなかった…

 60歳にして異世界物語を描き、しかもコンテストに応募をするというこんな無茶苦茶なことをするのは私ぐらいでしょう。でも創作活動の楽しみを見つけてからは生活に張りが出てきました。

 新型コロナウイルスのせいでサークルの音楽活動ができなくなり、旅行も自粛、飲み会や外食も行きません。県外にもし行ったら感染してる可能性があるとして1週間は休暇を取って休まねばなりません。それほど勤務先は厳しいんです。


 相変わらず毎日感染者が減る気配もなく、この状況で楽しみを見つけるとしたら創作活動だけでした。


 とうわけで今は海賊の話を書いています。高校生の時に書いたものを6割から7割は修正してサイトにアップしています。中二病丸出しの文章を直すのが大変でした。


タイトルは「マリサ・時代遅れの海賊をやってます」 
ペンネームは 海崎じゅごん

 

 一般的にはパイレーツ(pirate)ですが、ある特定の国の船を狙う海賊をバカニーア(buccaneer)といい、そのバカニーアの道を選んだ女海賊の話です。時代はアン女王の時代。アン女王と言えばスチュアート王朝最後の方です。


 普通に活劇ものですが一応15歳以下はお控えください。色気シーンはないと思います。

 もしよかったら小説家になろう、カクヨムのどちらにも投稿しているので読んでやってください。

https://ncode.syosetu.com/n7065hc/




 今年は猛暑が続いたかと思えば集中豪雨、線状降水帯のせいで毎日ひどい雨。元気なのは草だけです。スイカも一つ腐れ果てました。


 そんな日々でも頑張って咲いてくれる花に癒されます。

IMG_2447.jpg

 黄色のカンナです。この花だけ無事に咲きました。

IMG_2448.jpg

 ピンクのトレニア  この花は強いですね。既にこぼれ種で次の世代が苗になっています。

IMG_2446.jpg


 ナデシコ  河原に咲いていたものの種をまいたもの。これも強い。


 私の地域も水害にあい、床下浸水しました。全国の被災された方々の一日も早い復興を祈るばかりです。
posted by おはなはん at 19:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年06月17日

シンビジウム植え替え・小説を書いて投稿しています。

前回の投稿(よく見たら正月に投稿していた…という事は半年ぶりにこのブログにアップしているのか…)に新作の小説をサイトにアップします、と予告しました。予告通り、「小説家になろう」「カクヨム」にアップしています。キャラ設定だけで30年以上過ぎ、今回9割がた変えて冒険もの、ラノベ風としてアップしました。これはコロナ禍で会えない心病んだ人のために書いているものです。もっとも、本人はどこまでよんでいるかわからないですが…

もしよろしければご覧ください。はじめはほのぼの異世界学園ものの見えますが、だんだん変わっていきます。一応R15指定なのでお子様は読むことができません。
https://ncode.syosetu.com/n5272gx/

「紅のオレイカルコス」海崎じゅごん で検索してみてください。うまくリンクがはれない…



というわけでいまそこにエネルギーをだしているので、畑や庭仕事は半分くらいの世話です。

ブログの更新が全くできず、申し訳ないと思いながら。

そうそう、シンビジウムはちゃんと植え替えしましたよ。花が咲くかしら。
(結構花が咲かないシンビジウムの記事がよまれているので)

IMG_1969.jpg
posted by おはなはん at 00:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

創作意欲 エネルギー不足だけど

あけましておめでとうございます。

しばらくブログもSNSも休んでいました。

コロナによる緊急事態宣言以来、イベントや外出、外食を自粛し、出来ることといったら庭と畑作業。音楽活動は自主練習ぐらいでしょうか。

そんな中、ある深夜アニメに興味を持ちました。

「この素晴らしい世界に祝福を」というアニメが再放送されていたのですが、なかなか面白く、その後もわざわざファイヤースティックTVを買って動画配信を見ています。かれこれ10回は見ています。

http://konosuba.com/1st/
4AF0464B-2120-4C22-99EB-C1FC68E3770D.jpeg
 


新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属 | ストリーミングメディアプレーヤー
新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

自粛によるステイホームで電気屋は売り切れ続出、何件目かでやっとゲット。それが売れたら入荷も未定とのことでした。

するとまさかのスマホゲームを発見!あのポケモンGOでさえ半年もしないうちにあきたゲームにあまり熱が入らない私もさっそくスマホに入れ、毎日楽しんでいます。
https://konosubafd.jp/

72351855-D38A-47E4-9483-9E4102568819.png

もともとゲームに慣れていないのでレベル上げに時間かかりましたが、正月も頑張りました。

うーむ…頑張るところが違いますね。

他にも動画配信で「Re:ゼロから始まる異世界生活」や「幼女戦記」「異世界カルテット」も一気に視聴しました。自粛でどこにも出られないし、感染が怖くて真面目にステイホームをしていました。
http://re-zero-anime.jp/tv/
68CB60C1-DB67-4D67-95B7-08B03113276B.jpeg

「Re:ゼロから始まる異世界生活」については令和3年1月6日から2期後半のテレビ放送が始まります。

「幼女戦記」
https://www.netflix.com/jp/title/80169285
A51539FB-ACDC-48AF-8513-DCDD7652E2B0.jpeg

異世界カルテットというのは上記の作品にオーバーロードという作品も含めて四頭身キャラクターのギャグになっています。いや、ほんまに笑えます。

http://isekai-quartet.com/

4E4EF936-9BD8-42F1-9823-C2CBB36155F2.png

そんな世界にはまるうちに昔の自分が思い出されました。

若い頃、私は創作グループにおり、漫画を書いたり小説や詩を書いたりしていました。作曲もやり、当時の音楽の先生から音大を勧められたこともあります。(もっとも、音大はビンボーな我が家には高嶺の花で早々に諦めましたが)

ふと調べてみると「小説家になろう」というサイトを発見、昔の夢よ再びとばかりさっそく登録しました。

昔書いた作品を年末年始に投稿しました。

しばらくは昔の作品アップですが、今抱いている構想が固まり次第新作に入ります。
冒険もの、昔からよく書いていたのよね。

恥ずかしいのでリンクは貼りませんけど(^^)

昨年はネットの中傷でしんどかったけど少しずつ前向うと思います。
posted by おはなはん at 18:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

鬼滅の刃柄でつくったけど 実は恥ずかしい

 今月16日から公開となった「鬼滅の刃 無限列車編」の映画。こちらでも映画館は人であふれていたそうです。

 私も夏にネットフリックス(動画配信)でやっとテレビでの鬼滅の刃を見ることができました。

 同僚の子どもが鬼滅の刃のファンでよく話を聞かせてもらっており「紅蓮華」でダンスがしたいと言われたら音源を探し、ピアノで弾きたいと言われたら楽譜を提供していつのまにか私も巻き込まれていたわけです。

 文句なしに面白いです。特に今年は新型コロナの影響で不要不急の外出を控えており、観光や飲食などできないに等しかったですね。あらゆる楽しみのきっかけが無くなり、祭りもイベントも中止でメリハリがない生活が続いていました。

 そんな中で鬼滅の刃は「あきらめない」「救う」「助ける」など能動的な言葉があふれ、また、連載された少年ジャンプお得意の「友情」「家族愛」もぶれることなくストーリー全体にちりばめられています。

 コロナ禍にあって人々は鬼滅の刃に何かしら求めるものがあったと思います。

 今年春先、店頭からマスクが無くなったせいで私たちは「売り切れならば作ったらいいや。」とばかりにマスクを手作りするようになりました。

 1作目は鬼滅の刃の炭次郎の羽織柄でトートバッグとマスク

C611714A-6BD2-49D8-A520-2AFB088ECB29.jpeg18B2D237-8B4F-4580-8BEE-D08B8B1F3FEC.jpeg
 
 炭次郎のマスクと関係ないマスクも写っていますがご容赦ください。(実は和手ぬぐいでもマスクを作ることができるんですよ)

 2作目はねず子の着物柄(これは昔からある和柄で「麻の葉柄」と言います。)で吾妻袋(あずまぶくろ)とマスクを作りました。

5510FD73-8E28-4955-BFEC-533219CC6700.jpeg11732B4E-D74D-4B95-A2A6-E7CBB551D9EE.jpeg

 実は裁断のサイズを間違えたため、写真では持ち手がずれています。縫い直しましたが写真がありません。


 3作目は我妻善逸の着物柄でねず子のマスクの写真にもありますがマスクと吾妻袋を作りました。

5469CAC6-F8C9-4B0D-ACCA-198C37E7E57A.jpeg

 吾妻袋はローソンの景品にもあったようですね。

 ちなみに作り方はとても簡単です。

 作り方のサイトを貼っておきます。

https://kyoya.net/tenugui/knowledge/%E6%89%8B%E3%81%AC%E3%81%90%E3%81%841%E6%9E%9A%E3%81%A7%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AB%E4%BD%9C%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81%E3%80%8E%E3%81%82%E3%81%9A%E3%81%BE/

 先日トーカイに言ったらまた新たに布が売られていました。入荷したばかりだというのでさっそく…

04370A82-645A-4F48-8A2F-8AF6989599F9.jpeg


 ねず子の吾妻袋とマスクは娘にやりました。さすがに私の年齢では恥ずかしい。

 私自信は我妻善逸が好きなので善逸柄のマスクをお出かけの時に使っています。

 吾妻袋はもったいなくて使っていません。

 炭次郎のかばんは職場で使っています。炭次郎のマスクはまわりの幼児や小学生がよくつけているので遠慮しております。

鬼滅の刃の映画、見に行きたいですが映画を一人で見に行ったことがないので腰が重いです。

 やっぱり…恥ずかしいかな。

 DVDや配信を待とうかなあ…


posted by おはなはん at 00:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする